Середа
18-09-19
17:22

1. Təqdimat Ukrayna istirahət, şəhər Yaremche [23]
2. Prezantimi i pjesës tjetër në Ukrainë, qytet Yaremche [23]
3. Presentation of the rest in Ukraine, city Yaremche [23]
4. عرض الباقي في أوكرانيا، Yaremche المدينة [23]
5. Aanbieding van die res in die Oekraïne, die stad Yaremche [23]
6. Aurkezpena Ukrainan gainerako, hiria Yaremche [23]
7. Прэзентацыя Адпачынку ва Украіну, горад Яремче [23]
8. Представяне на почивка в Украйна, гр. Yaremche [23]
9. Trình bày của các phần còn lại tại Ukraina, thành phố Yaremche [23]
10. Cyflwyniad o'r gweddill yn yr Wcrain, Yaremche ddinas [23]
11. Ներկայացում մնացածը Ուկրաինայում, քաղաքը Yaremche [23]
12. Prezantasyon rès la nan Ikrèn, Yaremche lavil [23]
13. यूक्रेन में आराम की प्रस्तुति, शहर Yaremche [23]
14. Presentatie van de rest in de Oekraïne, de stad Yaremche [23]
15. Παρουσίαση της υπόλοιπης στην Ουκρανία, πόλη Yaremche [23]
16. პრეზენტაცია დანარჩენი უკრაინაში, ქალაქ Yaremche [23]
17. Presentación do resto da Ucraína, cidade Yaremche [23]
18. Præsentation af resten i Ukraine, by Yaremche [23]
19. Ettekanne ülejäänud Ukraina linn Yaremche [23]
20. מצגת של שאר באוקראינה, בעיר Yaremche [23]
21. פּרעזענטירונג פון די מנוחה אין אוקריינא, שטאָט יאַרעמטשע [23]
22. Penyajian sisanya di Ukraina, kota Yaremche [23]
23. Cur i láthair ar an chuid eile san Úcráin, chathair Yaremche [23]
24. Kynning á hvíla í Úkraínu, borg Yaremche [23]
25. Presentación del resto de Ucrania, ciudad Yaremche [23]
26. Presentazione del resto in Ucraina, città Yaremche [23]
27. Presentació de la resta d'Ucraïna, ciutat Yaremche [23]
28. 介绍在乌克兰各地,市Yaremche [23]
29. 其餘介紹在烏克蘭,城市Yaremche [23]
30. 프레 젠 테이션 우크라이나의 나머지 부분, 도시 Yaremche [23]
31. Presentation of Ukraine ceteris civitas Yaremche [23]
32. Iepazīstināšana ar pārējo Ukrainā, pilsētas Yaremche [23]
33. Pristatymas Ukrainoje poilsio, miestas Yaremche [23]
34. Презентација на одмор во Украина, градот Yaremche [23]
35. Penyajian sisanya di Ukraine, bandar Yaremche [23]
36. Preżentazzjoni tal-bqija fl-Ukrajna, belt Yaremche [23]
37. Präsentation der Rest in der Ukraine, Stadt Yaremche [23]
38. Presentasjon av resten i Ukraina, by Yaremche [23]
39. ارائه تفریح و سرگرمی در اوکراین ، شهرستان Yaremche [23]
40. Prezentacja reszta na Ukrainie, miasto Jaremcze [23]
41. Apresentação do resto da Ucrânia, cidade Yaremche [23]
42. Презентация Отдыха в Украину, город Яремче [12]
43. Prezentarea restul în Ucraina, oraş Yaremche [23]
44. Презентација остатак у Украјини, град Иаремцхе [23]
45. Prezentácia zo zvyšku na Ukrajine, mesto Yaremche [23]
46. Predstavitev počitka v Ukrajini, mesto Yaremche [23]
47. Uwasilishaji wa mapumziko ya Ukraine, mji Yaremche [23]
48. การนำเสนอส่วนที่เหลือในยูเครน, เมือง Yaremche [23]
49. Sunum Ukrayna dinlenme, şehir Yaremche [23]
50. Bemutatása a többi ukrajnai városban Yaremche [23]
51. Презентація Відпочинку в Україні, місто Яремче [10]
52. ڈیمو یوکرائن میں باقی کی، شہر Yaremche [23]
53. Pagtatanghal ng mga pahinga sa Ukraine, lungsod Yaremche [23]
54. Esittely loput Ukrainan kaupunki Yaremche [23]
55. Présentation du reste en Ukraine, ville Yaremche [23]
56. Prezentacija odmora u Ukrajini, gradu Yaremche [23]
57. Prezentace ze zbytku na Ukrajině, město Yaremche [23]
58. Presentation av resten i Ukraina, stad Yaremche [23]
59. プレゼンテーションウクライナの残りの部分、都市Yaremche [23]



Котедж
"Карпатська тиша"

Відпочинок у Яремче

0977739122 - Любов
0665020962



Вечер в Карпатах

::::::Каталог для туриста::::::

Головна » Статті » Presentation of the rest in Ukraine, city Yaremche » 59. プレゼンテーションウクライナの残りの部分、都市Yaremche

リゾート地としてYaremcheを開花。

リゾート地としてYaremcheを開花。

"楽園"、"Mariton"、"Gutsulka"、"ピア"、"Genetsiana"、"海の目"、"Vilgrot"、"リヴィウ女性"、"Stokrutka - 戦間期には、これらの搭乗住宅や別荘Yaremcheの観光客が休暇を集めているの。客室は控えめであった - 交流贅沢に。下宿の費用 - 1日8 PLNから4から。

グレート人気kupelno - 吸入機関博士ジョセフMatuszewski。ブースおよび芳香族ミネラルバス、吸入、テラス、数十太陽があった - 空気浴は、部gidropaticheskih手順について説明します。機関は、年間を通して取り組んできました。治療は一日無制限滞在のための七zlotysの価値があった。公務員政府は、年金受給者、軍とその家族が35%の割引が受けられます。医師は支払いを免除されている。
Yaremcheで適切な条件をゲストに提供しようとしました。発電所は1926年以来、ここで操作して、Viktor S.による所有されています。発電所は、その時の屋外ピウスツキ、鉄道駅から200メートルにあった。機関の第二次世界大戦の仕事はメカニックVのVolyanyuk監督する前に。料金は当時でも、素晴らしかった - 3キロワットあたり8 zlotys - 時間。
ドラでは1875年にShematizm学習ウクライナ語とdvuklassnaya学校ていた学校を訪問し、ギリシャカトリック教徒の子供の数を返す - 151。 Yaremchaのodnoklassovaya学校、ポーランド語を提示し、子供グレコ - ローマカトリック - 31、ローマ - ローマカトリック - 10、ユダヤ人の子供たち - 7。子供s.Yamnaは、命令のポーランド語の言語とodnoklassovoy学校で勉強しました。ポーランド実装教育改革で、1932年にこれがドラのような結果とYaremcheはYamneの中学校レベルを作成 - 小学校。

ドラの戦間期では、Yaremche Yamneは客室Prosvita読書を務めた。
ドラの村では、3つの店舗との協力Garazdを運営する - の仕立屋の毛皮を。また、貯蓄銀行"Rayfayzenkoを開催しました。ドラに住んでいた - (1940 1857)、私は彼女が元国務長官の鉄道WUFRエンジニア鉄道イヴァンマイロンボランティアにつながったのだろうか。養蜂家、養蚕:2つの枝と、非常に活発な社会"農民"です。この山の村では、桑の数十本の苗木を植えられている彼らが育ったときに蛾毛虫を持ってきて、喜んで所有者間で分配した。しかし、"農民"の壮大な計画のdoryanskogoは、戦争によって中断されました。
ドラ年集めて賛美の残りの部分ごとに多数の天気の良い日と穏やかな気候の最も - 都市のウクライナのインテリ。ホテルのゲストは"クレシー"を、"Lisnichivka"、"Sarenko"、"ロッド"、"ヘレナ"、"テレンス"ヴィッラローマ搭乗した。
ドラでヴィラはリヴィウ工科博士kのバーテルの有名な教授を務める。となりの構築彼の別荘"Moroslava"卓越したウクライナのオペラ歌手、"ウクライナカルーソ"マイケルGolinskii - 強くドラの繁栄に貢献(1890 1973)。それは、M. Golinskiiここにgutsulsky家を、広範囲obmebliroval、再構築やギフトを街の栄光のアーティストOlexa Novakivskomu渡したんです。
1939年9月に、Yaremcheは赤軍のユニットに参加しました。ウクライナの政党の禁止活動、社会だった - 文化団体を、その指導者が逮捕された。 1940年1月にYaremcheは、地区の中心地となった。 6月30日、1941年の町は、ドイツのvoyska.Vo第二次世界大戦で占領され、多くのリゾートが破損していた、いくつかの家屋が破壊された。住民Yaremcheとその周辺のかなりの数は、ドイツでの強制労働のために採取した。 1942年に飢餓から、50以上の人々よりも死亡した。 Yaremcheの郊外に1943年の夏にSumyの化合物は、SAがパルチザン侵略者との厳しい戦いを主導した帽子、。 1944年7月26日Yaremcheは、ナチスから解放された。 kovpakovtsami - Yaremchanschinu 565は兵士や赤軍の将校を殺したの戦いでは、彼らは93ゲリラと一緒に大量の墓の中で市の中心部に埋葬された。山(彫刻VのBoroday、建築家OをIgnashchenkoおよびS. Tutuchenko)の通路を閉じる党派図 - 1967年墓は彫刻の組成は。
40代前半でYaremchanschiniから多くの人々 - 20世紀の新設。ウクライナインサージェント軍の隊列に参加しました。 UPAの形成しばしば全体この中で家族が参加。その地区の領土でYaremchanskogo reydirovali何百もの"Dovbusha"は、"ホワイト""プル"。
"Chernomorets"、ニコラスズディアク - - "山"と、衝撃を審査 - Chernovus Orfenyukバジル:1952年12月s.Doraショットでは"Rock"の路では、三反政府勢力の敵の手に生きてしまうといけないから。イアン記念碑がされた兵士の1996年の質量の墓が建立されたリヴィウ彫刻家ピーターSTEYRは、建築家のプロジェクト"ウクライナに自由のために戦闘機" - イゴールPetryshyn。
Yaremcha戦争後の回復期間を始めた。和解は、地域の従属の町となった。ここでは多くの観光客だけでなく、素晴らしい自然、健康的な山の空気と冬のスポーツに従事する機会を惹かれています。 Hutsuls - これは現在の時間まで、そのアイデンティティを保持しているウクライナの国家の中で最もエキサイティングな要素の一つである。ユニークな自然、歴史、文化的観光スポット、文化、生活hutsulsのユニークな機能を常にカルパチア山脈に観光客を集めている。これらの山々も同様に夏と冬には美しいです。 "の山は、自己の十分かつ完全な" - Frankivsk作家タラスプロハスカ - 現代Ivanoは言った。
製品gutsulskyフォークのアーティストだけでなく、彼らが十分にウクライナの民俗芸術を表現する大規模なアメリカの都市として、ほとんどすべてのヨーロッパの首都の博物館で展示。 Isは、無敵、coloristic装飾や技術的な解決策と、刺繍、pisankarstvo、特に美しいHutsul服を織って、木材、革、金属のアート処理を賞賛した。誰刺繍を参照してくださいものにGutsul、悪のお守りとして刺繍トリミングそのコンポーネントの各辺は、、、彼は穏やかで、陽気な感じ祭り衣類、服を着だけでなく、彼もを:適切民族YaremchanschiniゆうBoberskyの研究で述べたように、カルパチア山脈"の驚くべき美しさと調和している営業権および審美的な快適感がある。
主任研究員、民族博物館とエコロジーカルパチア地域の、民俗芸術Kolomyia HutsulshchynaとPokuttya、それらの分岐博物館。 jのコブリンスベトラーナSemyonovnaフリース


[10-10-17][Все для туристів]
Поділля... (0)

[09-07-29][Яремче, туризм, наш регіон.]
The Carpathian National Park (0)
[09-07-29][Легенди про Яремче, карпати.]
Ой кувала зозуленька (0)
[09-07-30][Відпочинок за кордоном.]
Туніс: визначні пам'ятки (0)

Категорія: 59. プレゼンテーションウクライナの残りの部分、都市Yaremche | Додав: vechervkarpatah (11-02-06)
Переглядів: 569 | Рейтинг: 0.0/0
Всього коментарів: 0
Ім`я *:
Email *:
Код *: